青バナナを早く熟させる方法

庭に植えてあったバナナに実が付き収穫しました。
初めての収穫なのでとても嬉しくて食べるのが楽しみです。

ところが収穫するのが早すぎたのか青バナナの状態から一向に黄色くなっていきません。
青いバナナを早く食べ頃に熟させる方法はありますか?

収穫の時に手伝っていただいたご近所の方には暗い所で数日置いて置くと黄色くなって食べ頃になると教えていただいたのですが2週間経った今でも収穫した時のまま色にも柔らかさにも変化がないのです。

切り落とした切断面の所が徐々に黒くなりうっすらと白いカビが生えはじめています。
そのカビが果実の方まで進まないか心配です。
スーパーで購入した物には薬が塗布されていて腐りにくいとは聞いたことがあるのですが自家製では薬を塗布していないためカビが生えてしまうのでしょうか。

試しに房から1本折って食べてみたのですが相当な渋みがあり歯が浮くような食感があるため食べれる物ではありませんでした。

バナナを食べ頃の状態にするにはどのような所に保存すればいいのでしょうか?
紐で吊ってぶら下げて置くと良いとは聞いたことがあるのですが・・1房ではなく房が連なった7段ぐらいのバナナなのでぶら下げずに直射日光の当たらない所に置いてあります。

良い知恵がありましたら教えてください。


青バナナを早く熟させる方法へのコメント

■バナナは13℃以下になると熟成が止まってしまいます。
そのため直射日光の当たらない風通しの良い場所で常温保存すると良いと言われていますが2週間も変化がないとすると品種にもよるのでしょうか。
海外では青バナナを調理して食べると聞いたことがありますよ。

■バナナとリンゴを一緒に置いておくと良いですよ。
リンゴが出すエチレンガスがバナナの熟成を助けるようです。

■輸入されてくるバナナは成熟させないように13℃に保冷されて運ばれてきます。この時バナナは寝ている状態です。
到着後にバナナを目覚めさせるために室温を20℃まで上げます。そこにエチレンガスを入れることでバナナが呼吸し熟成が進んでいきます。

ポイントは室温とエチレンガスではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。