てだこの意味は?

「てだこ」とは沖縄の方言なのでしょうか?
車でドライブしている時に「ようこそてだこのまちへ」と標識があったのですがてだこのまちの意味を教えてください。

国道58号線沿いで信号待ちをしている時に見かけました。
見慣れない言葉だったのでもしかしたら読み間違いがあるかもしれません。
てだこと似たような言葉はありますか?


てだこの意味は?へのコメント

■「てだこ」とは「太陽の子」という意味です。^^
「てぃーだ」「てぃだ」は太陽を指す方言です。
子は「ふぁー」「ふぁ」ともいい
「てぃだぬふぁ」ともいいます。

てだこの町とは「浦添市」のことだと思います。
琉球王朝ゆかりの舜天王生誕の地といわれ
「太陽の子」と崇められたという云われがあります。^^

浦添の子供達・人々を称して「てだこ」といいます。

■訂正。舜天王ではなく”瑛祖王”の事を
「太陽の子」と譬えたと云われているそうです
王都うらおそい(中山・浦添)を大きく発展させたと云われている人物です。

■浦添市の有名なお祭りに「てだこまつり」というのがあります。他に「もてだこホール」というイベント会場もあります。
「てだこ」は浦添市でよく使われている言葉ですね。

■うろ覚えだったのですがてだこであっていたのですね。
タコという響きからテダコと呼ばれるタコが獲れるのとかペンダコのような勤勉さをイメージしてしまいました。
太陽の子という意味でしたか。納得です。ありがとうございます。
てだこと標識があったのは浦添市なのですね。また今度通った時に探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。