台風どのようにしてできる?

沖縄付近には3つも台風ができていますがそもそも台風はどのようにして作られるのか分かりますか?
台風になったとか台風ができたとか聞きますが何かが発達して台風が作られるとは思うのですが・・
大元はどのようなことから台風が作られていくのか知りたいです。

そして一度に3つの台風が接近しているのは異常気象のせい?
2つとかはありましたが3つの台風ってあまり聞きいたことがありません。

台風を科学的な技術で破壊や分解することは無理なのですか?
渦の中心にミサイルを撃ち込んで消滅させたりできないのかと思ったりします。

どうして沖縄に台風が多いの?


台風どのようにしてできる?へのコメント

■海水が温められることによって多量の水蒸気が発生し大気の状態が不安定になっていきます。
沢山の水蒸気を含んだ空気は上空に押し上げられ積乱雲のような状態になります。
積乱雲が多く発生し雲が集まると熱を持つようになり上空が温められ温帯低気圧になります。
繰り返されることで台風が発生します。

■台風は北緯5度から20度くらいの海上で多く発生します。
沖縄に台風が多いのは熱帯地方に近く台風の通り道になりやすいためです。

■台風は海水の温度が高い熱帯地方でできやすいのですが赤道付近ではできません。
それは地球が自転しているからで、赤道から少し離れている所では風が渦になりやすく台風に育つ可能性が高くなります。

■台風12号が勢力を弱めて熱帯低気圧になったのにまた台風になりましたね。
台風が復活するって驚きです。
ホッとしていたのに油断大敵ですね。

■今年は台風の当たり年なのかもしれません。台風の年間平均発生数は25.6なので今年は台風の発生のペースが早いです。

■現代の科学でも台風の方向を変えたり勢力を弱めたりできないのは自然の猛威を感じます。
しかし台風情報はすごいですね。あんなに急に曲がるのか?と思うような予測進路や大きさなどほぼ正確なのですから。
そのうち台風を打ち消す技術ができるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。