エイサーガーエー・エイサーオーラセー

沖縄市ではエイサーが盛んです。エイサーとは先祖の霊が無事に後生(グソー、あの世)に戻ることを祈願して踊られます。そのため旧盆のウークイ(送り日)の夜に行われるのです。この時期はエイサーを見れる機会がたくさんありますがこの日のエイサーには少し特徴があります。
エイサーガーエー


エイサーガーエーは深夜に開催

エイサーガーエーは深夜に開催
開催される時間帯は23時頃から深夜にかけて行われます。ここの場所は百軒通りと呼ばれ車がすれ違うのがやっとの細い通りです。深夜なのですがものすごくたくさんの人が集まってエイサーを鑑賞していました。

大迫力のエイサー

大迫力のエイサー
ウークイに行われるエイサーの最大の見どころはこの細い道で青年会がかち合うことです。2つの青年会が両側から迫ってきてお互いの旗頭が接近します。そして2つの青年会がすれ違いながら2列に並んで演奏が続けられるのですがここからがすごいのです。


エイサーガーエーのガーエーとは?

ガーエーとは
双方が一段と演奏を盛り上げ踊ります。2つの異なる演奏と演舞を目の前で見るとものすごく迫力がありますよ。このエイサーはオーラセーやガーエー(闘い)と呼ばれています。喧嘩エイサーとも言われますね。相手の曲につられて隊列や踊りが乱れたりした方が負けなのでとても盛り上がります。

エイサーガーエーの地図

エイサーガーエーの場所は沖縄県沖縄市諸見里百軒通りです。