園比屋武御嶽石門【世界遺産】

首里城公園内にある世界遺産は2カ所あり首里城跡園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)になります。
守礼門と観会門の中間位置に園比屋武御嶽石門があります。沖縄の御嶽(うたき)の一つ。
園比屋武御嶽


園比屋武御嶽の拝所

園比屋武御嶽の拝所
石門と背後一帯のことを園比屋武御嶽と総称していましたが現在では石門が拝所となっており多くの方が参拝に訪れています。園比屋武御嶽では、国王が首里城から出かける祭に道中の安泰を祈願していました。

復元された園比屋武御嶽

復元された園比屋武御嶽
王国最高位の神女・聞得大君(しんにょ・きこえおおぎみ)の即位式の時にもここで祈願し斎場御嶽へと向かったそうです。石門は1519年に尚真王(しょうしんおう)時代に創設されました。沖縄戦で大破しましたが1986年に復元され現在に至ります。


園比屋武御嶽石門【世界遺産】の地図

園比屋武御嶽石門の場所は沖縄県那覇市首里金城町1-2です。
首里城公園の無料区域にあります。