玉陵【世界遺産】

首里城入口にある信号から少しあるいた所に世界遺産の玉陵(たまうどぅん)があります。第3代国王の尚真王が父尚円王の遺骨を改葬するために1501年に築かれ、以後歴代国王と王族が葬られています。
玉陵【世界遺産】


玉陵の資料展示室

玉陵の資料展示室
チケット売り場になっている玉陵奉円館(ほうえんかん)の地下1階は資料展示室になっていて玉陵内部の模型や写真などの展示や説明があります。納骨される時の壺なども展示されているので見学してから行くと良いと思います。

玉陵は沖縄県最大の破風墓

玉陵は沖縄県最大の破風墓
墓室は3室で構成されています。中央にある中室では洗骨までの遺体を安置し、洗骨後に王および王妃の遺骨は東室へ埋葬されました。それ以外の一部の家族は西室に葬られています。沖縄県最大の破風墓(はふうばか)でその大きさに驚きます。


長い年月をかけ修復作業

長い年月をかけ修復作業
沖縄戦で東室と西室は大きな被害を受けましたが、1974年から3年以上の修復作業により現在の状態になりました。

手入れが行き届いています

綺麗な一本道
王国時代にはお墓参りに来た王様が休憩した東の御番所(あがりぬうばんじゅ)などもあり、とても手入れの行き届いた史跡になっています。

玉陵【世界遺産】の地図

玉陵の場所は沖縄県那覇市首里金城町1-3です。
駐車場は首里城公園にとめると良いと思います。
【入場料】大人300円、小人150円、9:00~18:00(最終17:30)