泡盛と古酒との基準の見分け方

沖縄のお土産で泡盛を購入したのですが種類がたくさんあって良く分かりませんでした。
そのため売り場のおばちゃんのオススメの古酒を購入。
色々と試飲させていただいたりしたのですがあまり泡盛を飲む機会がないので美味しいのかどうかわかりませんでした。お土産売り場のおばちゃんすみません。。

その時にこの古酒は良いはずよ。
他の古酒と違ってしっかりラベルが貼ってあるからと言われたのですが試飲で酔っていたのと聞きなれないことだったので忘れてしまいました。
購入した古酒は知り合いに渡したのですが評判が良かったです。
次回も泡盛を購入したいと思うのですが古酒の基準がなんだったのか思い出せません。
おばちゃんは最近古酒の基準が変わったと言っていたのですが良い古酒の見分け方を分かる方教えてください。

あと古酒の試飲は割るのがもったいないからとストレートかロックでいただいたのですが自宅で飲む時も割らないで飲んだ方がいいのでしょうか?


泡盛と古酒との基準の見分け方へのコメント

■蒸留して3年以上熟成させた泡盛が50%を超えていれば古酒と表記して良いことになっています。3年未満の泡盛は一般酒として流通しています。古酒と表記されている泡盛は3年以上の古酒と一般酒のブレンドになります。
古酒の表記だけではなく年数がしっかりと書かれている古酒はしっかりとしているはずですよ。

■甕から瓶に移す時にほとんどの泡盛はブレンドされていると聞いたことがあります。
最近の古酒泡盛にはその割合をきっちりと記載しているそうです。ブレンドした若い年数の方の表記をしなくてはならないはずですよ。

■クースは飲みやすいですし薄めるのは勿体ないような気がしますね。でもきついと感じながら無理にストレートやロックで飲まなくても良いと思います。美味しく感じる飲み方が一番のオススメですよ。ぜひ一般酒も購入して飲み比べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。